2009年10月23日

清泉「七代目」純米吟醸 生貯蔵酒を飲む

清泉七代目」を飲む

先ほど飲んだ清泉「亀の王」と飲み比べてみた
こちらの七代目は、酒米は山田錦のみを使った酒だ

ところで、ラベルの製造年を見ると、こちらの「七代目」は平成20年3月で蔵出が12月と書いてある
よって、先ほど飲んだ「亀の王」より1年古い酒であるという点で、こちらの方が熟成が進んだ酒であることは間違いない


こちらも、甘い香り、メロンのような吟醸香を感じる
香りは若干、こちらの方が弱いような気もするが、これは製造年の違いが関係しているのかもしれない

上品な甘さと後味に弱い苦味も同じだが、酸味は多少控えめかもしれない
すっきりとした口当たりで切れもよい
一方で、米の旨味のようなものはこちらの七代目の方があるような気もする
しかし、これも熟成の違いによるものなのかもしれない

飲みやすさという点では同じなので、やはり油断をすると一晩で1本はすぐ開けてしまいそうだ
決して安い酒ではないので、今度買うときは一升瓶で買うことにする
こちらの酒も、口開け後の味の変化を見てみたいと思う

結局、残念ではあるが、二つの酒の違いをきき分けられる程の味覚は持ち合わせてはいなかったようだ



■日本酒のデータ
日本酒名:清泉「七代目」
種類:純米吟醸
蔵元:久須美酒造(株)(新潟県長岡市小島谷)
酒米:山田錦
精米歩合:55%
日本酒度:+3
酸度:1.4
アミノ酸度:1.2
アルコール度:14〜15
720mL 1,500円
製造:H20年3月
蔵出:H20年12月


スポンサードリンク
posted by ポンすけ at 22:10 | Comment(5) | 試飲感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さらにいうと、精米度55%というと残りの45%はどうするのかな。捨てるのか・・など。知りたいものだ。最近、精米度70%ぐらいの純米が濃厚でうまいと感じる。

フルーティ感ついては、空気のきれいな地方で評価されても東京は排気ガスとの混合空気なので感じ方が違う・・フルーティなものを探すのが大変なのです。

・・・4合1500円は高くないですか? 
Posted by ある忠犬ハチ公前の待ち合わせ at 2009年10月24日 11:21
>ある忠犬ハチ公前の待ち合わせ 様

玄米を精米した残りの使い道はどのようになるのか?
その辺の事情は勉強不足で分かりませんが、
わたしも興味のあるところです
酒造好適米の価格は高く、その半分を捨てるのか それとも何か有効活用しているのかで、酒蔵の経営にとっても大きく違うでしょうし


清泉は今回初めて飲みました
「夏子の酒」を読んでから(亀の尾を使った酒を)いつかは飲んでみたいと思っていたので、行きつけの酒屋であれこれ物色しているうちに衝動的に購入しました
おかげで、懐はとても寂しくなりました
確かに、四合で1500円はとても高いです

元々、日本酒が嫌いだったということが関係あるかもしれませんが、私はいわゆる淡麗な酒を好んで飲んでいます
アル添酒はやはり、燗にしたときのにおいが苦手ですが、感動できる酒がもしかしたらアル添にもあるのではないかと期待して、未知の酒に時々チャレンジしています
Posted by ポンすけ at 2009年10月25日 05:34
「精米の残りは 日本酒」で検索したところ出てきたブログからわかった。以下の通り

・・・・素人の僕が質問
『磨いた残りの米粉はどうするんですか?』
『ぬかが混ざった最初の段階は、肥料などへ 米だけの粉はせんべい屋さんや、お菓子屋へ行きます』
そうなんだ。。。
・・・・・・・・・・・・

Posted by ある忠犬ハチ公前の待ち合わせ at 2009年10月25日 09:44
醸造アルコール排斥運動第1弾・・ハンドルネームを変えながら、純米酒を大切にしているお店のブログに応援メッセージを書き込みましょう。下の通りやってしました。ただし、島根県の店らしいけど・・
*****************
純米酒飲み放題?
2009-10-25 07:31:21
純米酒先週毎晩飲んでました。醸造アルコール入りの酒と違って「ゲロ吐かない」「頭痛しない」「目が疲れない」「体力落ちない」・・
居酒屋の飲み放題は純米酒でないので誘いがあっても気乗りがしないものだが、おたくはえらい!! 繁盛を祈る。
ありがとうございます。
2009-10-25 11:40:24
力強いご声援、本当にありがとうございます。

当店では、みなさまの健康を祈り、純米酒しか扱っておりません。
おのずと飲み放題も純米酒になります。

日本酒には明日の活力になるお酒であって欲しいと願います。

今後もがんばっていきます。^^
Posted by ある忠犬ハチ公前の待ち合わせ at 2009年10月25日 12:35
>ある忠犬ハチ公前の待ち合わせ 様

わざわざ純米酒と言わなくても、日本酒といえば純米酒である というのが普通になるのが理想です

今回、紹介されたようなお店が全国にもドンドン増えてくれば純米酒ファンとしてはうれしい限りです

私もそのようなお店は応援していきたいと思います
Posted by ポンすけ at 2009年10月26日 17:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。